ハイシーズンではないときの引越し料金

引越しにはハイシーズンと呼ばれる時期があります。これは4月の新学期に合わせて3〜4月に多くの人が移動するために引越し時期が集中することで起こります。
この時期は、引越し屋さんもアルバイトを雇ってでも仕事をこなさなければならないほど忙しい時期です。

 

しかしそれ以外の通常期は、そこまでの混雑はないので比較的スムーズに引越しができます。ただ、引越し業者から見積もりを取るなら早いほうがおすすめです。
条件の良い引越し業者ほど、予約がどんどん入るからです。

ハイシーズンの料金

 

では、引越し費用はどのくらいかかるのでしょうか?
引越し費用は、荷物の量や引越し距離によって大きく変わります。

 

同一市内であれば、荷物が普通の量なら約37000円、多めで約44000円ほどかかります。
200km程度の遠距離であれば、荷物が普通の量で約60000円、多めで約63000円ほどかかります。
しかしこの数字は、不用品の処理費やエアコン着脱費用など、オプションがありません。
エレベーターのない物件であれば、もっと費用がかかるとおもいます。

 

このように、引越しは誰かと全く同じ条件ということがありませんので、実際にいくらかかるのか知りたいなら複数の引越し業者から見積もりを取るしか方法はないのです。

ハイシーズンではないときの引越し料金記事一覧

引越し業者を決める場合、トラブルを避けたいなら訪問見積もりがオススメではあります。1日だけ訪問見積もりに取っておいて、何社に来てもらうのが一般的でした。しかし、相手も営業ですので売り込みは強いです。最初の1社の押しに負けて、契約してしまうことが多いようです。その場合、その後の業者に訪問見積もりのキャンセルを入れなければなりません。契約してしまった場合にはその後の業者は無駄足になってしまうからです。...